水無月の6月となりました。
新緑がいよいよ色濃くなり、緑の木陰が涼しげに見える時期となりました。
水無月の「無」は「ない」と言うことではなく、「の」という意味で「水の月であり」、田に水が満ちる季節ということです。
神様が水(雨)を天からお降らしになられ、その水が苗に一層の生命力を与え、同時にすべてのものを清めてくれると考えてきました。
月末の30日午後1時からは、御神剣がお出ましになる神剣渡御祭があり、続いて午後5時からは「夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)」が行なわれます。
この大祓式では、心にたまった罪、知らず識(し)らずにふれたケガレや災いを形代(かたしろ・ひとがた)に移して、一切を祓い清めて心機一転、心身のリフレッシュをはかり、あとの半年を元気に過ごすための神事です。
ご家族お揃いでご参加いただき、梅雨のうっとうしい気分を一新して、元気にお過ごし下さい。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮