霜月11月となりました。
秋はいよいよ深まり、境内はじめ野山の一木一草に至るまで色づき始めています。
朝夕はさすがに肌寒く感じますが、日中は汗ばむ日もあり、境内を通る山の辺の道を楽しそうにお喋りをしながら歩いて行く人の姿が多くなっています。
この時期は一年の中で、最も自然に親しむ絶好の時、日常の生活を離れ明るい日の光を浴びて、進みゆく秋を体いっぱい味わってみて下さい。
境内の大イチョウは日に日に黄金の色を増し、モミジも中頃には美しい紅葉が一層鮮やかになってきます。
身体は元気に心豊かに、どうぞ足を延ばして秋深まる神宮の森へ、心の洗濯にお越し下さい。
少し大きくなったニワトリ君も待っていますよ。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮