新年明けましておめでとうございます。新玉の年を迎え、令和3年1月、睦月となりました。
今年の十干十二支は「辛丑」でございます。「辛」はあたらしいの意で、草木が枯れ、新しくなろうとしている様を表します。「丑」は、萌芽が種子の中に生じているが、まだ伸び得ない状態を表しています。決して「つらい」というような意味はなく、辛も丑もはじまりを意味します。牛のように一歩一歩ゆっくりと着実に進んでいくような、芽吹きの1年としたいものです。
改めて大神様の起死回生、身体健康の御力をうけて頂き、皆様方にとって令和3年が良き年となりますことを心よりお祈り申し上げます。本年も御参拝を心よりお待ち致しております。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 石上神宮Instagram インスタグム 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮