しだいに暑さを強め、小暑から大暑へと向かう季節、七月。文月となりました。日に日に暑さを増し、年を追うごとに世間では温暖化を叫ぶ声が大きくなっているように感じます。一説によると、平安時代ごろは現代と変わらぬような温暖な気候が続いていたとも言われます。
 七月の和風月名である文月は、含月とも称され、稲の穂がふくらんでいる様を表しているという説もありますが、文月の字面から七夕に詩歌の文を供える月を語源とする説もあります。
 字を書く機会もめっきり減ってしまった現代、かつての日本に思いを馳せて、大切な人に文をしたためてみてはどうでしょうか。そのような暑さしのぎもいいですね。
 皆様方の健やかな日々と心のやすらぎを願って。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 石上神宮Instagram インスタグム 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮