弥生三月となりました。
底冷えする寒さは峠を越して、やっと春らしい明るいやわらかな光が射し込み出しました。
冬を耐え忍んだ万物はこの光を受けて休眠から目覚め、いよいよ下萌えが始まり一木一草新芽がふくらみ出してきます。
朝夕はなお肌寒さを感じますが、日中は気温が上がり、どこからともなく春の香りが漂い、神宮の森の木も草も一斉に萌え出して、境内は生き生きとした活力に満ちてきます。
こんな時こそ足を伸ばして、生命力溢れる神様のふところで、ゆっくりと心豊かにお過ごし下さい。
月末には神宮外苑公園の桜も開花しますので、ご家族お揃いにて春の一日をお楽しみ下さい。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮