長月9月となりました。
残暑なお厳しい毎日ですが、それでも神宮の森ではすでに蝉はジイジイと鳴く油蝉からミンミン蝉へと鳴き声をかえ、参道の草むらからはコオロギなど秋の声が聞こえはじめました。
8日は白露、夜間の気温が低下し大気中の水蒸気が露となって草葉につくようになることから来る言葉ですが、まさにその通りでこの頃から朝晩はひんやりとした空気が漂い始めます。 
暑い夏の影響で鈍っている五感を正常に、そして健全な心身を取り戻すことが肝要とされるこの月です。
どうぞ目と耳で秋の気配を体感し、爽やかな気を見つけにお越し下さい。
大神様もお待ち兼ねです。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮