衣更着(きさらぎ)の2月となりました。
今月の4日は立春となり、暦の上では春の始まる日となります。昔よりこの時分のことを、「春隣(はるとなり)」「春近し」「明日の春」などと表現して、のどかな春を待ち望む心情があふれています。
立春の前日が節分で、古くは一年の境目を意味していました。
当神宮ではこの春を迎えるに先立って節分の前日に、活力ある命を強く固く結び留めて一年を元気で暮らせるよう、大神様のご守護をいただく「玉の緒祭(たまのおさい)」を斎行します。
この神事の後、大前にお供えされた「玉の緒守(たまのおまもり)」が一般に授与されます。
まだまだ春は名のみで、名残りの冬の寒さが続きますが、それでも見渡せば春の息吹を見つけることが出来ます。
寒さに負けず自分の体力に合わせて適度に運動することが健康への近道で、中旬には境内の梅や早咲きの椿も開花しますので、寒さを楽しむつもりで、どうぞお越し下さい。

更新情報
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮