English

石上神宮[いそのかみじんぐう]公式サイト

山の辺の道[春夏秋冬]
春の花 夏の花 秋の花 冬の花
石上神宮 内山永久寺跡 夜都伎神社 竹之内・萱生環濠集落 衾田陵 トレイル青垣 崇神天皇陵 景行天皇陵 山の辺の道とは

石上神宮(いそのかみじんぐう)

石上神宮(いしのかみじんぐう)「古事記」「日本書紀」に記される最古のお社。境内は、杉の古木をはじめ緑深い木々が生い茂り、古代にタイムスリップしたような雰囲気がただよっています。創祀は、第10代崇神天皇の時代となります。
物部氏の総氏神として、古代信仰の中でも特に異彩を放ち、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として、多くの人々が訪れます。
国宝の「七支刀(しちしとう)」が有名。拝殿と出雲建雄神社拝殿が国宝、楼門が重要文化財に指定されています。
境内には、神鶏のニワトリが自由に生活しており、参拝者の人気となっています。

印刷用PDFデータ
季節の風景写真
境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM プラグインが必要です。