English

石上神宮[いそのかみじんぐう]公式サイト

石上神宮

大鳥居(おおとりい)

大鳥居参道の入口に建つ大鳥居、高さ7メートル、最上部の笠木の長さ10メートル、柱の直径は76センチとなっています。
現在の大鳥居は、昭和3年の昭和天皇の御大典を記念して建立されました。台湾の檜(ひのき)が用いられ、明神造りとなっています。
平成23年3月に腐朽、耐久性につき調査の結果、早急に修理が必要との提言を受け、解体し、柱や貫などを取替えて、平成23年9月に再建立されました。
両側の柱、貫は日本の檜では使える木が入手困難となり、カナダの檜が用いられました。
印刷用PDFデータ 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM プラグインが必要です。