English

石上神宮[いそのかみじんぐう]公式サイト

石上神宮

石上神宮社叢(いそのかみじんぐうしゃそう)[ 奈良県指定天然記念物 ]

石上神宮社叢[奈良県指定天然記念物]当神宮の境内地は234,631平方米 (約71,100坪) の広さがあり、 我が国最古の道といわれている 「山の辺の道(やまのべのみち)」 (東海自然歩道(とうかいしぜんほどう)の一端)が通り、 昭和42年に周辺地域を含めて 「歴史的風土石上神宮特別保存地区」 に、 また平成7年には境内地のうち約13万平方米が 「石上神宮社叢」 として奈良県の天然記念物に指定されました。

昭和45年頃の当神宮の社叢は、 ヒノキ・コジイ林及びアカマツ林が占めていましたが、 その後アカマツが枯れ、 その下生えであったヒノキ・コジイなどが成長し、 全域が同じ様な林相を呈するに至っています。
ヒノキは高さ約30米に達するものがあり、 その間をコジイやイチイガシが占め、 林内にはスギ・アラカシ・サカキ・カナメモチ・ヒサカキ・シロダモ・シャシャンボ・モチノキ・アオキ・テイカカズラ・ナガバジュズネノキ等の常緑樹が、 林床にはハナミョウガ・シシガシラ・ベニシダ・オオキジノオ等の草本が生育しています。 ヒノキやスギは植栽したものですが、 百年以上経過して自然林のようなみごとな林相を形成しています。

本社叢にコジイやイチイガシ等が自生している様相はこの地域の極相林の一端を示しており、 加えてヒノキが融和している林相は万葉集に詠まれている 「桧原(ひばら)」 を検証する資料としても貴重です。
なお、 楼門前から東へ行く参道には、 胸高幹囲が4米を超える樹高約25米のイチイガシが一本立っており、 往時の植生を示しています。
印刷用PDFデータ 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM プラグインが必要です。