English

石上神宮[いそのかみじんぐう]公式サイト

石上神宮

神田神社(こうだじんじゃ)

拝殿[国宝]参道大鳥居から西へ下ったところにある神宮外苑公園の、道を挟んだ向い側に御鎮座になっています。
神武天皇が御東征の途中、熊野にて御遭難になった折に、高天原から下された当神宮の御神体である神剣「韴霊(ふつのみたま)」を天皇に奉った高倉下命(たかくらじのみこと)をお祀りしています。
御創祀については明らかではなく、もとは天理市三島町小字神田の地に御鎮座になっていましたが、平成2年1月に現在地にお遷ししました。
明治初年までは旧社地に当神宮の神饌田一町歩があって、この田で収穫された米一石が年間の諸祭典に用いられました。
例祭は、6月30日に行う「神剣渡御祭(しんけんとぎょさい)」に続いて斎行されます。

なお、境内にある「烏帽子岩(えぼしいわ)」は、布留川でとれる珍石で、往古より珍重されているものです。この烏帽子岩について、次のような昔話があります。
説話 『烏帽子岩』

昔、天理市の布留(ふる)川のほとりに、1人のおばあさんが住んでいました。ある日、布留川で洗濯をしていると、川上から、ひとふりの剣が流れてきました。不思議なことに、この剣の刃に川岸の木の根や岩がふれると、スッスッと見事に切れてしまいます。不審に思ったおばあさんが、洗っていた白い布でその剣を拾い上げてみると、とても立派な剣で、鞘もないのに刃こぼれ1つありません。「これは普通の剣ではない。」と思ったおばあさんは、石上神宮へ奉納しました。正直なおばあさんだということで、神主さんから沢山のごほうびを頂きました。

この話を聞いた、隣に住む欲張りなおばあさんは、もっと何か良い物が流れてくるに違いないと思って、毎朝、早く起きて川に通いましたが、何も流れてきません。
ある日、良い夢を見たので、小躍りして、まだ明けやらぬ川に行ってみました。すると川上から、烏帽子や冠が流れてきました。ばあさんは、さっそく素足になって川に入り、流れてくる烏帽子や冠を拾い、堤に上がりました。やがて夜が白々と明けてきました。明るくなってきてからよく見ると、それは、なんと烏帽子や冠ではなく、そんな形をした岩でした。今、烏帽子岩は境内の右手にあります。また正直ばあさんが布が留めたというので、その土地の名を、布留と呼ぶようになったと言うことです。

印刷用PDFデータ 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM プラグインが必要です。